「○○が話題に」という記事が多いという記事が業界界隈で話題になりました。

「○○で話題」という記事とは、どんなものなのか調べてみましょうか。
○○で話題に!を検索してみます。

「○○で話題に!」の検索結果

惜しい気はしますが、ニュース記事や本文も検索されてしまって、最適な検索結果とは言いがたいですね。

”○○で話題に!という記事”なので、ページのタイトルに含めている可能性が高いと仮定し、ページのタイトルだけを検索の対象にしましょう。タイトルを検索する時は、検索語句の頭に「intitle:」と付けます。
○○で話題に!という言葉をタイトルに含んだページ

「intitle:○○で話題に!」の検索結果

あまり変わりませんでした。
これは検索する言葉が悪いんでしょう。ここで魔法のコトバを投入します。

*(ワイルドカード)さんです。
ワイルドカードはUNOにありますね。どんなカードにもなるという大変便利なカードです。
Google検索では、どんな言葉にでも当てはまるという魔法のコトバなんです。
「intitle:*が*で話題に」の検索結果

「intitle:*が*で話題に」の検索結果

なかなかいい感じの結果を得られました。

しかしワイルドカードを使うとintitle:が使えないようで、本文まで検索の対象に含まれています。
intitle:でワイルドカードを使う時はもっと厳密に検索する必要があります。
そのコトバを”完全一致”させるために検索する言葉を”(ダブルクォーテーション)で囲います。
「intitle:”*が*で話題に”」の検索結果

「intitle:"*が*で話題に"」の検索結果

かなりいい感じの結果ですね。
たしかに「○○で話題に」という言葉は、結構な頻度で使われいる模様。
これで話題になったものを調べることができそうです。

その時、何が話題になったかを調べてみる

”話題”というものは時の流れとともに薄れゆくもの。
時系列を絞って検索すれば、その時に何が話題になっていたかわかるはずです。

そうですね。年末年始の休みの話題に絞りましょうか。
検索窓の下にある検索ツールから、期間を絞り込みついでに順番も日付順に変更しましょう。
13年12月28日 – 13年1月8日の期間で「intitle:"*が*で話題に"」を検索

13年12月28日 - 13年1月8日の期間で「intitle:"*が*で話題に"」を検索

ここまでくると検索結果をかなり絞り込めましたね。
休みの間は何が話題になっていたんでしょうか?
ざっと見てみましょう。

  • チア男子
  • 可愛すぎる化学の教師
  • チンコが2本
  • リア充カップルをぶち壊す
  • レオタードでおまるにまたがるおじさん
  • 全国JK制服着こなし
  • アートなストッキング

おまいら・・・( ´_ゝ`)