WordPressのAutomattic社が公開しているAMPプラグインを使っている場合のテーマで、通常ページとAMPページで違う処理をする時の条件分岐の方法です。

$_GETなんかでampが存在するかどうかから判断してもいいんですが、プラグインのソースコードにはis_amp_endpoint()という関数が用意されているのでそれを利用します。

プラグインを無効にして関数がなくなった時に備えて、関数の存在を確認しつつ関数の返り値で判定するわけです。

ボクの場合はAMPページの本文にコンテンツを追加するのに使用しています。
AMPプラグインでは選択されているテーマファイルのfunctions.phpが使われるので、functions.phpに↓のように記述。

AMPプラグインはこの記事を書いている時点でver 0.3 とまだまだ開発途中ですが、開発がAutomattic社ということで今後の動向に期待せざるを得ません。
このままプラグインで展開されるにせよ、WordPressのコアに組み込まれるにせよ、AMPを覚えるついでに使っておいてもいいかなぁと思います。