去年の11月頃にGoogle Apps ScriptのXMLパーサーやJSONパーサーの関数が使えなくなりました。
ぐぐると今でも使えなくなった関数を含んだサンプルコードがごろごろしています。

GASでXMLを扱おうとネットでサンプルコードを拾ってきても「動かない!」って人も多いハズ。公式のチュートリアルですら対応していないのでもう何が何やらわかりません。

僕の記事もその影響を受けてるので新関数に対応したサンプルコードを作ってみます。(かなり時間が開いてしまいましたスイマセン)

このブログの記事のサンプルコードをベースに必要なところだけ書き換えます。(参考のため修正前のコードもコメントアウトで残しています。)

Xml サービスが廃止され XmlService になりました。命名規則がかわり名前にServiceとつくことでがわかりやすくなりましたね。
変更に伴い、メソッド名も変わったものがあるので注意。
parse() はそのままですが、 getElement() がなくなったため、 getChild() を使います。

詳しくは公式のドキュメントを参照(英語しかありませんが頑張ってください)

「XML Service Service」って見出しは変な気がするが気のせいだろうきっと。

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

2 件のコメント

  1. ピンバック: GoogleドライブでRSSを自動ツイートする奴【Google Apps ScriptでTwitterBot】 | アンギス

  2. ピンバック: GoogleAppsScript で Xml API の代わりに XmlService を使う