先日、WP-Markdownを紹介しましたが、WP-Markdownをインストールすると、SyntaxHighlighter Evolvedなど一部のプラグインが動かなくなります。

このようにデフォルトのWP-MarkdownにもSyntax Highlighterに対応させる記述方法はありますが、記事作成画面で改行がなくなったりちょっと不便なんです。 改行しなおせば記事の表示では問題ありませんが、編集するとまた改行がなくなってしまうという状況。

記事作成画面でソースコードの改行がなくなる
記事作成画面でソースコードの改行がなくなる

そこで、WP-MarkdownとSyntaxHighlighter Evolvedを一緒に使う方法を紹介します。

プラグインのインストール

WP-Markdownはインストール済みとして進めます。

前述の通り、WP-MarkdownとSyntaxHighlighter Evolvedを併用するとショートコードが被ってしまい SyntaxHighlighter Evolved が使えません。

そこで、WP-Markdown-SyntaxHighlighterをインストールして有効化してください。

これで準備完了。

あとは、Markdown のソースコード開始の記述の1行目に #!言語名 を書くだけです。

記事作成画面でも実際の投稿のページでも問題なく動きます。

SyntaxHighlighter Evolved と WP-Markdown-SyntaxHighlighter なら作成画面での表示も問題ありません。
SyntaxHighlighter Evolved と WP-Markdown-SyntaxHighlighter なら作成画面での表示も問題ありません。

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

1件のコメント

  1. ピンバック: Daily FootPrints 12/03/2013 | myFootPrint::