どうも、鶏です。30日チャレンジ「30日間連続でブログの記事を書く」も、あと10日ほどになりました。

昨日は気づいたら寝ちゃってたので、この時点で失敗なんですよね。でも続けますよ。がんばりますよ。
でもまぁ記事数を稼ぐために補填しないと。と、今日は電車移動の時間があったのでその間でせっせとこしらえました。

今のところなんと予約投稿なしで更新しています。更新のためのToDoリストやタスク管理はしていません。ネタを思いついた時のメモも取ってません。めんどうですし。
ですが、長いこと更新が止まっていた状態から、突然20日以上も毎日記事を書き続けられています。

なんでこんなことができたのか?
連続して記事を書くことで見えてきた“何か”をまとめたいと思います。

記事の内容を考える時にやること、やらないこと

寝ない

「寝たら死ぬ」じゃないけど「寝たら明日」。記事を書くまでは寝ない。でも諦めて早く寝て早く起きることも(20時 ~ 23時とか)

普段の生活へ与える影響は最低限に抑える

テレビを観たり映画を観たり。「そんなことやってる暇があったら記事を書けよ」って?娯楽・息抜き大事。

本屋へいく

Googleよりも情報の宝庫。本屋にいって好きなカテゴリーの本を読みあさる。アイデアが浮かんでくる。“衝動買い”って副作用が発生するけどそれは記事にすればいいんだ。

記事にできそうな何かに気づいたら、一瞬だけ考える

仕事や趣味など日々の生活の中で記事にできそうなことがあったら「あ、これ記事にできるんじゃね」と記事の内容を一瞬考える。3秒でも5秒でもいいし。メンドくさいからメモは取らない。

やったことを思い起こす

頭の中で朝に起きてから出勤して帰宅して記事を書き始めるまで、今日1日は何をしていたか思い起こす。すると「記事にできそうだな」と思ったことを思い出したり、記事にできそうな何かが見つかることがあったりなかったり。
メモとってないからね。脳内で考えるしかない。

明日・来週・来月することを考える

未来のことを考えると、それにつながって過去にやったことが引っ張りだされてくる。すると「あとで試そう」とか「これいいな」と思ってたことが出てくる。

アクセス解析を眺める

参照元リンクとかページ毎のアクセス数を見てると、「あ、このこと書けるかも」とか出てくる。

まぁ、だいたいこんな感じ

まとめるととにかく「考える」ですね。「記事のために考える」という時間は大事ですね。
あ、ちなみにこの記事は、「記事にすることを考える」うちに「記事にすることを考えることを記事にしよう」と書いた次第です。はい。

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.