去年あたりにトレンドになっていたポリゴン調の加工。ローポリゴン、略してローポリなんて言われてます。

なんかそれっぽく見えるので今でもチラホラみかけますね。

フォトショならアクションか何かで1クリックではい終わり。と、思いきやとても骨の折れる作業なんです。

「エンジニアなんだからFAXも直せるでしょ」というバナーで話題になったLala*様の画像を使って実践してみましょう。

完成形がこちら

ローポリ

なんだかとてもそれっぽく見えますね。トップにバーンッと置くと強い印象を与えることができてとても便利。

つくり方

つくり方は至ってシンプル。

  1. [多角形選択ツール]を選択し、アンチエイリアスのチェックをはずし、ぼかしを0に。
  2. 三角形の選択範囲をつくる
  3. [フィルター] -> [ぼかし] -> [平均] で平均色で塗りつぶし。
  4. さらに隣接するように三角形を選択して繰り返す

これを延々と繰り返すだけ。

見やすいように大胆に拡大 三角形を選択 平均ぼかし こうなる。 三角形をつなげていく

つくる上でのコツとか

  • パーツが重なるところ以外は三角形の角と辺をつなげていく
  • 三角形2枚で四角形をつくっていくイメージ
  • その部分が膨らんでるのかへこんでるのか意識して立体感を出す
  • よく動く筋肉があるところはポリゴンも細かく複雑にする
目元や口元なの複雑な部分はポリゴンも細かめに。
柔らかそうなところは細かくするとそれっぽく見える
アクセサリーなど重なるパーツは別レイヤーにすると楽
別レイヤーでつくって重ねる。
色の変化がわかりにくい時はチャンネル変更も駆使
チャンネルを変えると情報が減って見やすくなる
ぼかしでは色がでないところは補正する
白が出にくい。
ふくらんでるところ、へこんでるところ。
立体を意識

見た目はシンプルでも加工は結構ムズい。

「こんなに簡単にできる!」なんて記事にしようとしたけど、どうやらムリなようだ。
ローポリの流行りはさすがに落ち着いてきた感じ。でも挑戦してみると楽しいと思うんだ。

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

1件のコメント

  1. ピンバック: 誰でも出来るPhotoshopで作るローポリ風加工写真 – しばやんすたいる