サイトの色を選ぶときって悩みますよね。そんな時は昔の人のアイデアを盗んでみよう!
と、いうことで昔の画家がよく使っていた色でサイトを作ってみました。
画家の使う色を調べて、CSSとHTML、素材サイトでいただいた画像を使ってます。画像編集は色調補正やら調整やらはせずにリサイズだけで済ませました。

ヨハネス・フェルメール

牛乳を注ぐ女や真珠の首飾りの少女あたりが有名ですね。女性の身に付けるフェルメール・ブルーと窓から落ちる光のイエローの対比。

フェルメールの色はイエローにブルーと元気な色なので、架空の芸能プロダクションのサイトを作ってみました。

フェルメールの色で芸能プロダクションサイト

DEMOサイト

  • フェルメール・ブルー(ウルトラマリン)
  • イエローオーカー
  • アンバー

フィンセント・ファン・ゴッホ

ひまわりや夜のカフェテラスといった作品が有名ですね。鮮やかな色彩表現は日本の浮世絵の影響を受けたとか。

ゴッホの色を使ってカフェバーのサイト。

ゴッホの色でカフェバーのサイト

DEMOサイト

  • コバルト・ブルー
  • クローム・イエロー
  • クローム・オレンジ

クロード・モネ

印象派を代表する画家。“印象派”という名前が広まったのはモネの作品かららしい。

モネの色は女性的な柔らかいパステル調なのでを使ってレディースアパレルブランドのサイト。 (画像がメインすぎてなんか違う気がしないでもない)

モネの色でアパレルブランドのサイト

DEMOサイト

  • モネ・ブルー(コバルト・ブルー)
  • コバルト・バイオレット
  • カドミュウム・イエロー

ピーテル・パウル・ルーベンス

フランダースの犬でお馴染みのルーベンス。聖書や神話を題材とした作品が多く、聖ヨハネの赤と聖母マリアのウルトラマリンが強烈に印象に残ります。

そんなルーベンスの色は漆黒に浮かび上がるヨハネの赤。オランダはココアの国ということでチョコレートのサイトを。

ルーベンスの色でチョコレート屋さんのサイト

DEMOサイト

  • コチニール・レーキ
  • アンバー・オレンジ
  • ブラック

まとめ

どのサイトもその画家の描く絵のイメージとはほど遠いですが、なかなか良い感じに色がまとまります(色がまとまるのは当たり前ですけども)
モネの色彩がかなり使いやすかった。女性らしい柔らかなパステルカラー。
ソースは他のものを使いまわしましたが、素材探しを含めても20分かかってないような?
何百年前の色使いでも今でも関係なく通用するんですよね。 前述のゴッホと浮世絵の話もですし、フェルメールのウルトラマリンは聖母マリアや聖人の服の色で一般人に余り使われてなかったとか。 昔に戻ってみるのも面白いですね。

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

3 件のコメント

  1. ピンバック: 文字で伝えるって難しいねと斯斯然然 | アンギス