大阪で行われたGALAXYアンバサダータッチ&トライイベントに参加してきました。(遅刻しましたスイマセン)

GALAXYアンバサダータッチ&トライイベント

GALAXY tab Sのシンク機能

GALAXYアンバサダータッチ&トライイベントは、最新のGALAXY製品をお試しできるそんなイベント。モニター機の貸し出しもあり自分なりにたっぷりと楽しめる。

この日の主役は、タブレットのGALAXY tab S、スマホのGALAXY S5、スマートウォッチのSamsung Gear2/Fit/Neoです。各々の特徴的な機能をスライドショーや動画も交えわかりやすく紹介してくれるのがイベントのいいところ。

要点をまとめるとこんな具合

タブレット

より高性能に。SideSyncでスマホとの連携をより便利に!

スマホ

省電力設計で電池長持ち!キレイな写真が簡単に撮れる!

スマートウォッチ

脱Android!スマホをよりスマートに操作!旧世代機の不満点解消!

と、まぁボジョレー・ヌーボーのようないつもどおりの文言が並んだ気がします。今回のイベントでスマホとスマートウォッチは借りられたので、その使用感は後日の記事で詳しく紹介するとします。

GALAXY Tab Sが気になる

さて、今回の会場では貸し出しのなかったタブレットGALAXY Tab S。
より高性能により便利にということでしたが、特に気になった機能がひとつ。

SideSyncでスマホを遠隔操作

SideSyncについてのスライド
SideSyncについてのスライド

SideSyncというアプリを通じてGALAXY Tab SからGALAXY S5を遠隔操作できます。
タブレットの画面に小さくスマホの画面が表示されるという一風かわった光景です。その様子は冒頭のタケウチさんのプレゼン写真をご覧ください。

スマホに着信があればタブレットから応答できますし、ファイルをドラッグ&ドロップで共有したり、コピペしたクリップボードまで共有できる。

会議やプレゼンにGALAXY Tab Sを使えば状況を把握するのに便利な予感。

ついに出揃った感のあるGALAXY製品

最近はウェアラブル端末が次々と発売され、タブレットとスマホ、ウェアラブル端末とより使い分けが難しくなりました。

GALAXYのシリーズも防水防塵端末が増え、各端末同士の連携が強化されましたし、スマートウォッチは脱AndroidしTizenを搭載。”GALAXY”ブランドから外されました。Samsungの攻めの姿勢は昔からすごいですね。

お持ち帰りされたSamsung Gear2
Samsung Gear2

今回のイベントでは、タブレットはビジネス向け、スマートウォッチはコンシューマ向け、その間で幹となる位置にスマホがある感じ。

スマートウォッチも3種類用意され、そのうちのSamsung Fitは名前の通りジムやフィットネスのスポーツシーンを想定している。まだまだキワモノ的存在のウェアラブル端末は生活に溶けこむことはできるだろうか……?

今回お貸しいただいたスマホとスマートウォッチの使用感は、また別記事で(´∀`)ノシ

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.