Google Chromeが ver. 32 にアップデートされましたね。
プロダクトフォーラムでスクロールについての問題点が報告されています。
そこでひとつ気になる報告がありました。

Chrome 32 スクロールの問題 まとめ

Chrome 32 スクロールの問題 まとめ

はてブ数

http://productforums.google.com/forum/#!searchin/chrome-ja/Ch...

Chrome 32 スクロールの問題 まとめ

現時点で報告されている問題はこんな感じ。

  • スクロールバーのデザインが変わった(スクロールバーの矢印が無くなった)
  • ドロップダウンメニューの最後の部分がハイライトされない
  • ドロップダウンメニュー内のスクロールができない
  • スクロールすると拡大・縮小もしてしまう
  • USB、Bluetooth キーボードでスクロールができない
ver.31 は左がWin、右がMac
変更されたスクロールバーの新旧比較

1つ目の「スクロールバーのデザインが変わった」という不具合。

Googleからはこうアナウンスされています。

Chrome 32 からの新しいデザインです。スッキリしたデザインは、Windows、Linux、Chrome OS など様々な環境下で Chrome のデザインを統一するために発表されました。

「デザイン変更にともない矢印がなくなった」これは問題なんだろうか?
あの矢印をいちいちクリックして使っている人がいたということに驚いた。
この数ピクセルのアイコンをクリックするより、キーボードの上下キーを叩いた方が早いのでは?と。

きっと開発者も、使われていなかったから省いてデザインしたのだと思われる。
では、なぜこのような報告がされてしまったのだろうか?

  1. 実は使われていた、ひっそりと需要のある仕様だった
  2. 慣れ親しんだ部分がなくなり寂しくなった
  3. 一方的なデザイン変更にムカついた
  4. その他
up

ぼくは4番、別に報告されている問題が関係しているのではと考えました。
スクロールが動かない、正常に動作しないという問題です。

スクロールができなくなったらユーザーはどうするでしょうか?
きっと別のスクロールをする方法を試すはずです。
マウス以外でスクロールする方法は、上下キーかスクロールバーをクリック。
それまで使われていなかった“スクロールバーの上下アイコン”の需要が上がってしまったのです。

意識はしていなかったけど頭の中では“そこにあるもの”と存在を認識していて、
「そこにあるはずのものがない」という違和感が生まれてしまった。
その違和感を問題として報告してしまったのではと思います。

もしこれが当たっているとして、どうすれば防げるだろうと考えました。
しかし今回の問題は、スクロールバーのデザイン変更と、スクロールの不具合が偶然重なってしまったことが大きな要因です。
矢印をなくさなければとなると、デザインを一切変えるなということですし、
デバッグを厳密にといっても一部の環境下で起こっている不具合なので、確実にデバッグする方法もないわけで。

最良の解決策は思い浮かびませんでした( ˘ω˘)
何か良策はあるのだろうか・・・?

何か一言あれば!!

質問とかツッコミとかお気軽にコメントしてください。がんばって返します。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.