Adobe Kulerというツールをご存知ですか?Adobe製のカラースキーマツールで無料で利用することができます。

過去にこのブログでも「Kulerを使い倒す」という記事にして、なかなかの評価をいただけたのですが、
今年の4月ごろ(?)にKulerのブラッシュアップが行われデザインがガラリと変わりました。

ちょーっと期間があいてしまって今更感満載ですが、新Kulerについて取り上げます(´∀`)

Adobe Kuler

Adobe Kuler

はてブ数

https://kuler.adobe.com/

Adobe Kuler

大幅に刷新されたデザイン

今回のアップデートは機能面よりもデザインやUIの変更がメインです。

フラット&レスポンシブデザインになり、タッチパネルでの操作感が向上しました。

フラットなスライダー
フラットなUI
カラーウィールは境界線がなくなりうっすらとドロップシャドウ
カラーウィールは境界線がなくなりうっすらとドロップシャドウ
ボタンはやんわりグラデーション
ボタンはやんわりグラデーション
カメラアイコンもミニマムで可愛い。人物シルエットは無駄にリアルだけども
カメラかわいい

ビフォー・アフターを比べると、今風かつ洗練されたデザインになりました。
以前のものは直線が目立ちどこか無機質で尖ってた感じ。
丸みを帯びたデザインはタッチしたくなりますね。

Before
カラーテーマ作成画面
After
Adobe-Kuler

レスポンシブデザインということでタブレットでもスマフォでも問題ありません。

スマフォでも問題なく表示
スマフォでも問題なく表示

ちょーっとカクついたり、ドラッグのつもりがスクロールしてしまったりと、スマフォを投げたくなる時もあるけれどまぁ使えないほどじゃない。

細かな変更点とか

カラースライダーがデフォルトでRGBになり折りたたまれるようになりました。他の色空間で変更する時はRGBの表記をクリックで展開できます。
HSVという表記がHSBになってPhotoshopと統一されましたね(´∀`)

Before
HSVカラースライダー
After
色空間名をクリックで切替

カラールールも折りたたまれるようになったので、展開する必要があります。

Before
カラールール
After
カラースキーマ選択

展開するのに1クリックが必要になったため手間が増えました。

スマフォ版のカラールールのボタンなんてコレですからね。

ぱっと見わからないボタン。
phone_colorrule

編集エンピツやSAVEが青いのに何故にこんな色に(´・ω・`)

まぁ折りたたまれる部分はそんなに頻繁にアクセスする部分ではないですし、保存されたカラーテーマを読み込んだ時はそのあたりも読み込まれます。
色の編集の設定まで読み込まれるようになったことで、他の人がつくったカラーテーマがどの色空間でつくったのかがわかるようになりました。これはいい機能(´∀`)

とまぁアレ?って箇所もありますが、見た目はスッキリして以前のデザインよりこっちの方が断然好み(o´▽`o)

その他機能も健在ですよ。

つくったカラースキーマを保存できるマイテーマ、他のユーザーがつくった人気のカラースキーマや検索で探すことのできるカラーエクスプローラももちろん使えます。

explore

以前よりも大きくなって色のバランスが見やすくなりました。

テーマをマウスオーバーするとメニューが表示されます。

マウスオーバーでメニュー表示

ここからパーマリンク取得やダウンロード、編集などが行えるわけですが、
個人的には右下のアイコンからも操作できるようにして、目玉アイコンでInfoかEdit、お気に入りアイコンでFavoriteできるようにしてほしいところ。

でもまぁデザインもキレイになって使いやすくなりました!これからもどんどん使ってこー(´∀`)